Hiyoco Words Blog

「親友にちょこっとオススメしたい本音の情報をお届けします」

引っ越しの不用品をラクマが回収してくれるサービスが最高にお手軽。ミニマリストになれます。

公開日:2019/11/25

f:id:relax-words:20191125235429j:plain

年末年始が落ち着いたころから徐々に引っ越しシーズンに突入しますね。

大学入学を控えた学生さんはもちろん、3月に異動辞令があった社会人の皆さまなど人によって理由は千差万別だと思います。

今回はそんな引っ越しを控えている、またはまだ転居する機会はないが、近い将来新天地で生活したいと考えている方などに向けて、引っ越しを機に「ミニマリストになれる」一つ便利なサービスがありましたので紹介します。

 

引っ越しするときに気にすることってなんでしょうか。

新しい住居についてでしょうか。新築、駅近、オートロック、広い、、、などなど求めたらキリがありませんね。

ちなみに、物件探しでいくつもの不動産会社を一気に比較できるオススメのアプリを紹介しています。もちろん無料ですので、ぜひ使ってみてください。 

www.relax-words.com

 

さて、新居決めにはもちろん頭を悩ませますが、物件を決めた後の荷造りが地味に一番苦労しませんか...?段ボールに一つ一つ詰めていく作業がまた辛いですよね。

そんな引っ越しの悩みを解消してくれるサービスがラクマより始まりました。その名も「フリマ引越」です。

f:id:relax-words:20191125231948j:plain

・サービス概要

「Hi!MOVE」にて引っ越しの申し込みをしたユーザーが本サービスの利用を希望した場合、申し込み後に「カラエト」から送られてくる専用ダンボールに不用品を詰めて返送すると、「カラエト」が出品者となって「ラクマ」に不用品が代行出品されます。

ざっくり言いますと、引っ越しサービスと不用品のフリマ出品を一気にまとめて依頼できるサービスですね。これは引っ越しの忙しい時期にはかなり時短になるのではないかと期待してます。以下サービスのフローです。(公式より)

f:id:relax-words:20191125231441j:plain

ラクマの引っ越しサービス
  • 1:引っ越しサービス(Hi!MOVE)を申し込む
  • 2:宅配型収納サービス(カラエト)から届く段ボールに不要品を詰め、返送
  • 3:フリマサービス(ラクマ)に代理出品

という流れです。

ちなみに「ラクマ」とは楽天が運営しているフリマアプリです。フリマアプリの最大手はメルカリですが、ラクマは手数料がメルカリの半分以下という強みが特徴です。

 

・デメリットは?

非常に便利なサービスだと思いますが、どんなことにもデメリットはつきものですよね。「フリマ引越」で気になる点は以下です。

①手数料が若干高い

 代行送料(一律880円)+代行手数料(売上金から代行送料を除いた金額の30%)

②保管に費用が発生

 売れなかった商品は、保管し続けるか自宅に返送を求めるかを選択。保管の場合は、の終了後、月額550円が必要。(無料期間1カ月有り。また、いつでもご自宅に返送を求めることが可能)

 

最後に

手数用が若干かかる点が気になりますが、コストパフォーマンスを考えますと「引っ越しサービス」と「不用品のフリマ出品」、そして「不要品の一時保管」をワンストップで任せることのできるサービス、これは流行りますよね。特に手間と時間を効率的に使いたいビジネスマンの方には魅力的ではないでしょうか。

使い方次第ですが、引っ越しを考えている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。